Matoca

マトカ – つれづれなるままに

大泉洋、ゾンビ映画『アイアムアヒーロー』に主演。再現度高し!

      2016/02/09

アイアムアヒーローとは?

漫画家・花沢健吾さんが描く、『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)にて連載中の漫画です。
アイアムアヒーロー

少し漫画のネタバレをしていますのでご注意くださいね!

ジャンルは、謎の感染病による平凡な日常の崩壊を描いたホラー漫画になります。
この作品は、「生ける死体」が所謂「ゾンビ」ではなく「ZQN」という呼び方をされています。
連載開始時は、単行本ほぼ一巻分を主人公の日常を描くことに割き、パンデミック後も「日常性の崩壊」と「災害」が仔細かつ淡々と描かれています。
英雄の眼前に繰り広げられるのは、周囲の人々がゾンビのような食人鬼と化す謎の奇病が蔓延、彼らに噛み付かれた者は感染者となり次々と増えて行く悪夢のような光景。
恋人や仕事仲間も犠牲となり、世界がパニック拡大と秩序崩壊へと覆われるパンデミックの中、英雄は早狩比呂美との出会いを通じ、世界の崩壊から生き延びようとします。

スポンサーリンク

大混乱の中での英雄の様子は、自分がこんなことに巻き込まれたらどうなるだろう…と想像してしまうような、なんだかリアルな感じです。
その描かれ方が、私は結構好きかもしれません。
めちゃくちゃなことが起こってる中で、なぜか自分を俯瞰的・客観的に見ている感じというか、冷静じゃないはずのになぜか冷めた感情が出ている感じというか…

一巻は主人公のダメな大人っぷりが見てて痛々しくなってしまうくらいなのですが(笑)、ちょっとずつ感染が広まって行く様子は恐怖と興奮を覚えます。
個性的すぎるキャラクターが、パンデミック後にそれぞれどんな動きを見せるのか、そんなところも見どころですね。

主人公・英雄役に抜擢された大泉洋の再現度がすごい!

大泉洋さんはぴったりですよね。漫画の英雄より断然イケメン風だと思いますが、髪型が似るだけでも花澤絵に近く見えるからびっくりです。

ゾンビものって、バイオとかもそうなんですが、結構好きなジャンルなので期待してます。
でも個人的にゾンビ系って、序盤の方、感染が徐々に広まって日常が一変パニック状態・主人公呆然みたいなところが一番ワクワクしてる気がします(笑)
洋画もそうですけど、ゾンビがワラワラ道いっぱいに歩き出すと、なんかシュールに見えませんか?
いえ、そりゃあ実際にそんな状況に出くわしたら死ぬほど怖いでしょうけど…^^

それにしても、長澤まさみも綺麗な強いお姉さん風でいい感じだし、比呂美も有村架純の配役でぐんと可愛くなって、きっと大泉さんは喜んでいたことと思います^^

スポンサーリンク

 - 芸能